治療院日誌

治療院日誌

治療院日誌

『骨盤位』 逆子と鍼灸2 鍼灸

画像(120x180)・拡大画像(427x640)

今回は当院の逆子の鍼灸施術に付いてです。

逆子の施術を当院では、写真の椅子に腰かけ好みの角度に背もたれを倒した状態で行います。

1. 触診にて頭の位置、胎児の向きなどを確かめ骨盤位である事を確認致します

2. 週数やお腹の具合を考慮し、当院独自のツボを配穴し施鍼致します。

3. お腹への温灸

4. 定番の逆子の灸に加えて週数や胎児の反応に応じてツボを配穴し施灸致します。

5. 抜鍼後、ベットに移り横向きに寝てマッサージ

これで、一回の施術を終えます。

この様な場合には逆子の施術をお断りさせて頂く事があります。
@ 前置胎盤
  胎盤が子宮の出口(内子宮口)にかかっていたり、覆っていたりした状態
A 臍帯卷絡
  赤ちゃんに臍の緒か巻きついている
B 切迫早産や流産の危険が予想される場合

最後まで諦めず手を尽くします!


画像(106x180)・拡大画像(284x480)

Up Date:2018年04月05日(木) by 管理者 at 11時10分
  コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム
名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

Page Top↑