治療院日誌

治療院日誌

治療院日誌

女性に多い甲状腺の病気 4

画像(180x159)・拡大画像(542x480)

* 橋本病(甲状腺機能低下症)
  甲状腺の機能が低下して全身の代謝が低下するために、身体の様々な機
  能が低下します。
  
  橋本病はとても頻度の多い病気で女性に多くみられ、男女比でみると男性
  の20倍にもなります。
  
  原因は大きく三つに分かれます。また一過性のものと永続性のものにも分
  かれます。
 
1)原発性甲状腺機能低下症
  甲状腺に炎症を起こす抗体(自己抗体)が身体の中に出来てしまう自己免疫疾患です。
  進行すると自己抗体で攻撃された甲状腺は、破壊され慢性的な炎症を起こします。  
  痛みは少なく少しずつ甲状腺が腫れて甲状腺ホルモンが減少します。

2)甲状腺ホルモン不応症
  甲状腺ホルモンは分泌されているのに反応性が低下している状態。   

3)中枢性の甲状腺機能低下症
  脳下垂体から分泌されるTSH(甲状腺刺激ホルモン)が不足した為に甲状腺が刺激されなくなっている状態。

T)症状 
 ・全体の代謝機能の低下
   顔や足がむくむ・体重増加・皮膚の乾燥・貧血・寒がりになる・便秘・月経異常・疲労感
 ・精神機能の低下 
   眠気・記憶障害・抑鬱・無気力

U)治療法
  ホルモンの不足を補うため甲状腺ホルモン薬を服用します。(チラーヂンS・チロナミンなど)

次回は予防と改善についです。

Up Date:2017年12月23日(土) by 管理者 at 09時31分
  コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム
名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

Page Top↑